お土産おすすめ

南城市にある『変わったお土産』がいかにも沖縄らしいというか(笑)

沖縄県南部に位置する南城市(なんじょうし)原産の変わったお土産をもらったのでシェア!

え?そんなものはシェアしなくていい?
そういわずにシェアされてください^^

 

このお土産見れば見るほど、食べれば食べるほどに「何でもありな沖縄」をイメージします(笑

これが『ザ!沖縄』であり、沖縄の良さだったりもするんですけどね。

このテキトーが方向性を間違えると悪さにもなるのですが、今回は良さのほうです。

 

スポンサーリンク

斬新な沖縄土産に変貌を遂げた昔からある「レモンケーキ」

レモンケーキは僕が幼いころから存在していて、昔から沖縄での何かしらのイベントの席ではご馳走と並んでレモンケーキが堂々と置いてあり、子どもの人気を集めていた記憶があります。

 

そんなレモンケーキを斬新な姿に変えたのが菓子工房『こはるびより』さんである。

外観は普通にどこにでもあるような「レモンケーキ」である。(袋から取り出した写真は食べた後に撮り忘れたことに気づき、残念な思いをしたのでご容赦ください)

が、しかし!

味がいつものレモンケーキと違うのだよ、レモンケーキとは。。。(なんか聞いたことあるセリフ)

とりあえず外観を見よ↓

「レモンケーキなのにシークァーサー風味」
って・・・うぉい!

暴走感がハンパなく、個人的にはおもしろくてしかたない(笑)

こういう何でもアリ的な部分が沖縄感をもの凄く感じさせてくれる^^

 

ぶっちゃけると
レモンケーキの形をしたシークァーサー味の焼き菓子」
でしかない。

品名は「レモンケーキ(シークワーサー)」となっている。

製造者としてはあくまでもレモンケーキのシークワーサー風味と主張しているかのようだ。

ちなみに1枚目の写真では「シークァーサー」で二番目の写真では「シークワーサー」に変わっているのもなんとも沖縄らしいラフな感じ。どちらの呼び方でも通じるので正直どうでもいいといえばいいのだが、、、

 

いざ!実食!気になるお味は?

製造者のこはるびよりさんは「レモンケーキなのにシークァーサー風味」としているが、実際はどうなのか食べてみる。

ん~~~~~。

これは完全に

 

シークァーサー風味132%

レモンケーキと比べるとこちらのほうが甘みがあるので、子供たちには特にうけると思う^^

まぁ、普通に美味しいけど個人的にはもう少し甘さ控えめにしてくれると嬉しい。

 

結果としてここまでツッコミどころのある商品に仕上げた「こはるびより」の作戦勝ち(作戦かは知らんが)であり、それに食いついた私はまんまと戦略にハマったw

ちなみに、頂き物なのでこの商品がどこで売っているかは不明。

沖縄県内のどこかに売ってはいるのだろうけど。

気になる方は探してゲットされたし。

 

スポンサーリンク

インターネット税5G対応遅れを理由に案が出た『インターネット税』は本当に必要なの?前のページ

沖縄のソウルフード「エゴー」の歴史とチャンプルー文化次のページエゴー

関連記事

  1. インスタント沖縄そば

    沖縄そば

    沖縄限定販売! インスタント沖縄そばが予想超えで美味かった話

    いきなりだが、個人的にインスタント系の沖縄ソバは正直いって本物とはほど…

  2. ちんすこう沖縄お土産

    お土産おすすめ

    沖縄で激安のお土産店 北谷町美浜ドラゴンパレス内にある「丘の一本松」

    沖縄観光に来たのはいいけど、遊ぶのにお金を使いすぎてお土産なぞ買う余裕…

  3. 沖縄ルピシア

    お土産おすすめ

    イオン沖縄ライカム内のルピシアで販売している沖縄限定茶が美味い件!

    イオン沖縄ライカム内にある世界の紅茶・緑茶専門店『LUPICIA(ルピ…

  4. エゴー

    お土産おすすめ

    沖縄のソウルフード「エゴー」の歴史とチャンプルー文化

    沖縄のソウルフードというか、ソウルドレッシングというか、どっちでもいい…

PAGE TOP